2015年07月14日

青葉・緑・都筑地区の研修会

平成27年7月13日(月)もえぎ野地域ケアプラザでの一般研修会の報告です。
講師は 久里浜医療センター 河本泰信 先生 テーマは「三つ巴の力(家族/仲間、医療、自助グループ)」です。
先生自身がアルコール依存症であり、わかっちゃいるけどやめられない状態が続いていたそうでびっくりでした。
【依存症者へのかかわり】
依存症本人に切迫感が無い状態でいくら説得しても無駄。「のむな のむな」の一辺倒のかかわりは依存症者を破滅させてしまうので注意しましょう。
先生によりますと、どんなにひどい依存症者も断酒を始めるタイミングのようなものが2年に1回ぐらいは必ずあり、そのタイミングをものにできるかがとても大事だとのこと。
「本人の尻に火がついた」時に的確な救いの道があるか?。先生はそんな時に、本人に多種のモデルの中から気分よくやれそうなものを選んでもらうとのことです。
介入モデル.pdf

●疾患モデル 依存症を脳の病気ととらえた治療 離脱症状の対処には優れているが・・・・・
●認知モデル(飲酒に関する) 飲酒がいかに不利益なものなのかを考えさせる。でも、人間は理屈では生きていないので「わかっちゃいるけどやめられないよね」・・・・・に
●認知モデル(自己欲望に関する)損得という考えではなく、飲酒の裏にある欲望に気づかせてその欲望を飲酒とは別なもので昇華させる。(先生の一押し)
●力動モデル 精神分析、内観療法 (自己洞察でしょうか?)
●道徳モデル 内省や自己改革 (断酒の誓いにもあります)
●環境モデル 環境を変える。ひとつのきっかけにはなるが・・・
●宿命モデル 無力を認める → 「許された」と感じられる。(自助グループの最大の効果!)

今までの治療は、医療モデルや道徳モデル、宿命モデルをごっちゃにしていた。

【断酒って】
先生曰く 「断酒は努力するものじゃなくて、ふっと風にまかせて、今の自分の場所と違う隣の場所へひょんととべるような軽い感覚でできれば最高。そこって楽な場所ですよ!」

難しい話だけれど、親しみやすい話しっぷりでわかりやすかったです。ありがとうございました。(カブラギ)

最後に先生の新刊のご紹介
「「ギャンブル依存症」からの脱出 薬なしで8割治る “欲望充足メソッド“」(SB新書)
8/12発売予定 864円 Amazonで予約受付中
※ 内容の1/3はアルコール依存症の話です!
  目次 「依存症専門医の私が依存症であることを認めたきっかけ」
     「私はどうやって依存症から脱出したか」 など


posted by カワダン at 20:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

芸術家

川崎断酒新生会の芸術家お二人のご紹介です。
【麻生支部の渋谷さんの絵画が「横浜北部美術公募展2015」に入選しました。!】
今年は、どんな作品なのでしょう?しらふで描いた絵なんですかね?
19日(日)20日(祝)は作者に会えるかもしれない。
DSC06635.JPG
会場ホームページ
 http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-kita/accessmap/

【宮前支部の牟田さん夫妻のライヴがあります。】
金曜日の例会と重なることが多いのですが、今月は土曜日夜です。
ぜひ生の声と生ギターのハーモーニーをお楽しみください。
7月11日 武蔵中原「Coffee Spot Life」http://www2.tba.t-com.ne.jp/cslife/
PM8:00〜 PM9:00〜 ワンドリンク付き\1.500-
ジャズ&ボサノヴァ、ポップス ハモリやデュエットいろいろ
(熊サイト http://naks.biz/kuma/から転載しました。)
(カブラギ)


 
posted by カワダン at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

大和での研修会

7月3日大和つくし断酒会での地区別一般研修会に行ってきました。
テーマは「女性とアルコール依存症」(変わりつつある依存症治療)
講師は 神奈川県立 精神医療センター 小林 桜児 先生です。
【講演内容】
≪女性の依存症としての特徴(男性と比べて)≫
依存症になる前に何らかの心の病気(特に 不安障害、うつ病)を持っている方の割合が多い。また、若年で治療に来られる方ほど、心の傷が深いそうです。
生物学的に女性は脂肪をため込みやすいため、肝障害を起こしやすいそうです。
≪心の大切さ≫
おいたちの中で、形式的には家庭があったが、家庭の中で居場所が無かった方が多い。(表面的に虐待があったわけではなくても、愛情をたっぷり受けていない場合などいろいろ。)
そんな家庭の中で、家庭環境を壊さないためにひとり必死に努力してきた。その後社会に出て仕事を持ったり家庭を築くようになるが、周りから評価されない、負担が増えたというような壁にぶち当たった時に、友人や夫にSOSが出せない。
そこで、一時的にアルコールの力で苦しさを解放するようになった方が多い。
そのうち、耐性の取得により「酒益」<「酒害」ですね。
≪先生の治療概念≫
「脳の病気」というより「心の病気」ととらえる。
まずは、患者さんに対して治療に来られたことをほめ、酒をのむしかなかった気持ちの部分を受容する。
酒に変わるものをこれから一緒に探そうというスタンスでかかわる。
共感的理解が得られる場所として、自助グループへの参加を薦める。例会は不安や緊張を酒以外で解放できる場所です。例会で本音を言えること。これが大事。そんな例会でなければ意味が無い。
病院のプログラムSCOPを受けられた方が自助グループにつながる方は60%だそうです。
閉鎖された病院の中ではなくて、社会の中で酒や薬に頼らない生き方を練習することが大事。

女性の依存症の相談があった時には、「心」や「おいたち」の問題が根っこにあることを念頭に相談に乗ってあげてくださいとのことでした。
先生 ありがとうございました。(カブラギ)
posted by カワダン at 09:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

減酒薬

「お酒を減らしたい人のための治験を行っています」 という 新聞広告が入っていました。
DSC06048.JPG
【広告の内容】
飲む量や飲む時間をコントロールできない。お酒と上手に付き合えない。もしそう思っていたら・・・・
それは、あなたの意思や性格の問題でないかもしれません。
お酒のことで悩んでいたら、まずは専門の医療機関にご相談ください。
「何かと理由をつけてつい酒に手を出す」「少量では酔えない」「酒を飲まないと気分が晴れない」「一度飲み始めるとひたすら飲んでしまう」もしかしたらアルコール依存症かもしれません。
とあり、「そうだそうだ」と読み続けていると、

【治験の目的】は、飲酒量を減らすことを目的とした薬の有効性を確認するためのもの」だとのこと。???

DSMがWからXに改訂され、アルコール関連問題を幅広く「アルコール使用障害」と呼ぶように学会は決めました。そして「アルコール使用障害」の中でも「大酒飲み」と「アルコール依存なりかけ」には他に問題がなければ「減酒」が治療の基本線だそうです。(厚生労働省HP)

まあたしかに、医師から指摘されて、自分の意思で「減酒」ができれば問題はないのだからいいのですが、薬で「減酒」しているということは、自分の意思でコントロールできていないことに変わりは無いような気がするのですが。問題の先送りでしょう。

この薬は「ナルメフェン」という薬のことでしょうか? 飲酒前に頓服で飲むそうです。飲酒による「多幸感」がなくなるそうです。じゃなんで飲むの? 

「なんで飲むの?」「何でだろう・・」 自問自答しています。(カブラギ)
posted by カワダン at 22:38| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

たかつ心のパワーアップセミナーのご案内

7月4日(土)午後1時30分から高津市民館(溝の口駅前ノクティ2の12階)で「たかつ心のパワーアップセミナー」が開催されます。
今年で9回目 アルコール・薬物ほか依存症の垣根を越えたセミナーです。どなたでも参加できます。参加無料。事前申し込み不要。
内容は当事者の体験談と水澤先生の講演です。
川崎断酒新生会高津支部とパトリス家族会が、「実行委員」になっています。ご都合の良い方はぜひご参加ください。(カブラギ)
DSC05757.JPG
posted by カワダン at 22:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする