2014年01月19日

フライトという映画

WOWWOWでデンゼル・ワシントンのフライトという映画を見ました。ハラハラする航空機事故物語と思っていたらアルコール依存症の映画でした。墜落寸前の旅客機を反転飛行させて奇跡的に難を逃れた名パイロット(D・ワシントン)が飛行中飲酒をしていたアルコール依存症であった物語。事故調査委員会での聴聞会前日に、酒に手が出ないよう監視付きでホテルに宿泊して、偶然開いた隣の部屋の冷蔵庫のアルコールに手を出すところなど目をつぶりたくなるようなシーン。最後には嘘で固められた生き方から正直に生きる道を選んで回復していくのですが問題飲酒に関わるシーンは身につまされて目が離せませんでした。お勧め映画です。hohoより(
posted by カワダン at 09:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新年会ではお世話になりました。
「友愛」読ませて頂いております。
Posted by hiro48 at 2014年01月27日 18:11
hohoさん、ボクも観ました。「フライト」面白かったですね。冷蔵庫のミニボトルをみてる機長に、心の中で飲んじゃ、ダメーって言ってましたねえ。最近映画を観てると、良くアルコール依存症の人出てくるなあと、感じてます。
Posted by カサハラ at 2014年01月29日 18:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: