2014年05月23日

アルコール健康障害対策基本法(5)―――推進のために、私たちができること

 高津支部の相澤です。金曜日ということで、推進の集いin東京まであと二日となっています。連載してきた基本法関連の記事も今回で最終回となります!

【第5回】 推進のために、私たちができること

 前回までで基本法の中身や方向性については一応説明が終わりました。僕自身も非常に手探りながら、なんとなく輪郭だけは見えてきたかなあ、といった感じです。。。さて、今後この法律を推進して、具体的な恩恵が私たちにもたらされるために、何をしなくてはならないのか?そしてなにができるのか?について書きたいと思います。

 この法律が実効性を持つためには、個別法の制定が必要であるということはお話ししましたが、法律ができるまでには数々の苦労があります。なかでもその原案を作成して内閣や省庁に付すとっかかりのところが一番ネックだと言えます。
 ある目的と根拠をもって法律の実現を望んでも、おそらく法律の専門家や代議士の協力がなければ国会での採決までたどり着くことはできないでしょう。したがって今後は以前にもまして国会議員や議員連盟の方々との協力関係が重要になってきます。厚生労働省などの省庁とのつながりも必要になってくるかもしれません。これは個人でやるには限界がありますが、例えば個別法に関しての署名に協力するとか、推進の集いなどの集まりに参加して実績に寄与するなど、小さいところでは協力できると思います。皆が一体となってアピールすれば、かならず国や代議士は動いてくれます。

 断酒会の例会や行事に積極的に参加して、全体としての活気を向上させるというのもひとつの手段です。構成員ひとりひとりが自覚と帰属意識を持ち、行動と考え方を共有している集団は非常に強固です。断酒会の活動をアピールするにも、行政に支援を求めるにも、きっと大きな原動力となってくれるはずです。

 さらに、私たち酒害者が、いまお酒で苦しんでいる真っ只中の人たちを啓発し、手を差し伸べることも重要です。身近にお酒で健康障害や人間関係のトラブルを抱えている人に対して、自助グループという安息の場を提供し、ともに戦っていきたいという歩み寄りを見せれば、きっと私たちの活動に対しての賛同者が増え、大きなエネルギーになるでしょう。

 そして、何よりも重要なのが、酒害者としての自覚です。酒によって心身の健康を損なわれ、生活が壊れてしまった責任を決して他者に求めないことです。自らを戒め慈しむ心、断酒をして新しい人生を切り開くという決意、そして支えてくれるすべて人たちに対しての感謝の気持ちを忘れないことです。
つまり、今回の法律に甘えてはいけないということです。公共の福祉に基づいて、節度と良識をを持って私たちの権利と要求を通していかなければりません。酒害者・行政・医療関係者・そしてそのほかの国民がみな譲り合い、そして互いを尊重し合って推進していかなければなりません。
 「今回の法律は、私たち酒害者だけの、ましてや個人のための法律では決してない」ということは肝に銘じていかなけらばなりません。私たちが声を上げ、そして公益にのっとり、そして正しく権利を主張すれば、かならず光が差してくるはずです―――その日を夢見て、ひとつひとつやれることをやる所存です。


 今回はテキストばかりになってしまいました。。。笠原さんに「まじめで長い文章は読まれない」と言われて気を付けてはいるのですが、今回ばかりはこんな感じで行くしかありませんでした。。。
 微力ながら自分にできることはないか?と考えてやってきたこの基本法についての連載記事も、今回で一応の完結とさせていただきます。稚拙な文章で恐縮ですが、いままで読んでくださった方、ありがとうございました。今後も本法の動向については不定期で記事を投稿させていただきたいと思っております。
 次回以降はまた近況報告や、別の切り口からのアルコール依存症の現状の紹介をさせていただきたいと思います。なにか疑問やご指摘、応援メッセージなどございましたら、お気軽にコメントまたはEmail(azwreo@gmail.com)までおっしゃってください。

最後にいまさらですが、PRをば。。。

アルコール健康障害対策基本法推進の集いin東京
5/25(日)13時より
サンパール荒川にて


 
それではみなさん25日、荒川でお会いしましょう!

相澤 玲央

タグ:
posted by カワダン at 16:56| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

アルコール健康障害対策基本法(4)―――具体的な政策・支援はどうなるの…?A

 こんにちは、高津支部の相澤です。このところ頻繁に更新していて、なんだか私物化してしまっている当ブログですが、本当はたくさんの方々に投稿していただきたいのです。。。それにしてもこのブログのページ、ブラウザでみると非常に縦長になってそれだけで見づらい。。。何とかならないものかと対策中です。

 さて、昨日に引き続き基本法についての記事第4弾をお送りしたいと思います。

【第4回】 具体的な政策・支援はどうなるの…?A

 前回と同じような内容になりますが、B、酒害者に対しての支援や保護の具体的な内容を掘り下げてみようと思います。

@アルコール健康障害に係る医療の充実等
 専門の病院やリハビリテーション施設の拡充――アルコール依存症専門病院や病棟が増えることが期待されます。また、デイケアや作業所などのリハビリ施設が増え、酒害者の社会復帰が促進されることと思います。医療機関と行政が今まで以上に連携することも義務付けています。

10000000000000038550_0000002042_1.jpg
久里浜医療センターの分院が川崎にできればなあ… 行かないけど。

Aアルコール健康障害に関連して飲酒運転等をした者に対する指導等
犯罪や社会的地位を失墜させる行為をしてしまった者に対してのケア――飲酒運転やDV、または自殺未遂などをしてしまった人に対して、罰則や治療といったものだけでなく、その心のケアや社会復帰の促進といった方法でアプローチが進むことが期待されます。カリフォルニア州ではDUIプログラムという飲酒運転者に対しての厚生プログラムがあり、司法によって参加を命じられるようです。このDUIプログラムについてはまたの機会に記事を投稿させていただきます。

B相談支援等
 酒害者やその家族に対する相談支援――ここでははっきり「家族」と明記されています。第2回で「本法が家族も対象としている」と私が判断した根拠はここにあります(第22条)。民間、、行政を問わず、酒害者に対しての相談窓口が増えることが期待されます。たとえば、「酒害相談センター」を全国に設置するという話も出ています。

C社会復帰の支援
 就労の支援――アルコール依存症は、その過程で仕事を失ってしまう方も多い病気です。そういった方々への社会復帰(就労)の支援のための施設や相談窓口が増えることが期待されます。アルコール依存症であることを隠さず就職活動ができるような世の中になればいいと思っています

D民間団体の活動に対する支援
 自助グループに対しての支援――おそらくこの項目が私たち断酒会員にとって最も身近で、かつ重要な内容になるのではないでしょうか?ある意味、項目のために断酒会員は本法の実現に尽力してきたと言っても過言ではありません。良いか悪いかは別として。
 具体的には断酒会やAAの活動に対しての補助金が増えることが期待できます。会場費や印刷費など、例会・研修会を開くのにもお金がかかります。その負担は現在会費とわずかな協賛金などで賄われていますが、今後はそれらの負担が軽減されるかもしれません。断酒会の活動の幅が広がり、規模が大きくなることにつながりますが、同時にお金の管理や使途に対してより一層シビアにならなければなりません。。。


 ここまで書いてみて、こんなにたくさんの要素が本当に実現に至るのか?という不安もあります。もちろん、数年ですぐに、というわけにはいかないでしょう。しかし、手をこまねいてて十年後にポン!というわけにもいきません。
 これらの実現にはそれぞれ個別の法律が必要です。個別法の成立には時間もそうですが、私たち会員の努力も要するのです。
 これらの恩恵が受けられるようになるため、私たちになにができるか?―――最終回はこのことについて考えていきたいと思います。

 簡潔に。。。と思っていたのですが、長くなってしまいました。。。コメントくださるとうれしいです。では、失礼いたします。
相澤 玲央
タグ:
posted by カワダン at 18:05| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

アルコール健康障害対策基本法(3)―――具体的な政策・支援はどうなるの…?

 こんにちは。高津支部の相澤です。今日は雨ですね…雨の日はどうしても気分が沈みます…

日々例会まわりを実践して、自分にとって毎年失敗ばかりしていた5月も、残すところあと10日。。。

誕生日をお酒を飲まずに過ごすことができるかもしれない、という喜びと、まだ断酒をして間もないという先行き不安が同時に襲ってきます。とにかく一日断酒で頑張るしかないと思っています。

 前回に引き続き基本法についての記事をお送りさせていただきます。たびたび変更して申し訳ありませんが、四部構成→五部構成にしたいと思います。

【第3回】 具体的な政策・支援はどうなるの…?@

 第2回でおおまかに法律の対象はだれなのか?について触れましたが、今回はこの法律で具体的に社会はどう変わるのか、私たちにどのような恩恵があるのか、をまとめてみました。

大きく分けて、

A、社会に対しての啓発や健康障害の予防(一次予防)
B、酒害者に対しての支援や保護(二次・三次予防)

があると言えます。第3回ではAについて少し詳しく書こうと思います。

Aは、簡単に言えば「酒の害悪を正しく理解してもらい、有害なアルコール使用を防ぐ」ということです。法律の項目にならってみれば

@教育の振興等
 学校などでアルコールの害について学ぶ授業を取り入れる――道徳?や保健体育の時間に未成年者の飲酒の危険性や飲酒運転の怖さなどについて数コマを使って学ぶ時間が増えるといいと思います。これまでももちろん未成年者の飲酒が法律で禁止されていることや、飲酒運転が厳罰化されたこと、などを教える授業はあったと思いますが、今後はもっと「不適切な飲酒が引き起こす健康障害」や「飲酒運転がどのくらい社会的な信用を損なうか」、などについて一人一人に意識を持たせるような授業が展開されるといいと思います。

A不適切な飲酒の誘引の防止
 広告やCMでの過剰な宣伝を(自主)規制する――特に子供に対して飲酒の良さを刷り込むようなコマーシャルは放送しないように働きかけてほしいです。酒瓶や缶に、アルコールの有害性について表示させるといった方法もあるかもしれません(タバコは表面の1/3が恐ろしい謳い文句で覆われています。。。やめようかな。。。)。

ダウンロード.jpg

lark_black_l.jpg

また、「飲み放題」という日本ならではのシステムも、不適切な飲酒を助長するものとして規制の方向に動いてくれたらなあ、と思っています(当時は僕はこれほどありがたいものはないと思っていましたが。。。)

 とはいっても、長い歴史の中で私たち日本人の生活に入り込んでしまった酒を、頭ごなしに排除しようとするのは横暴だと思います。タバコが、「吸う人、吸わない人」の両方を尊重して分煙化が進んでいるように、酒も「飲む人、飲まない人」の両方が心地よく暮らせるような社会づくりが大切なのだと思います。

 節度がある飲酒は何ら問題がありません。適量でやめられて、周囲に迷惑をかけない酒は、ある意味社会を円滑にまわすための潤滑油になっていると思います。

 今回の法律は、

「飲む人、飲まない人、造る人、そして飲んではいけない人」すべてがお互いを尊重し合える

ように私たち酒害者は考えて、一方的に法律を振りかざすようなことが無いように慎重に推進を図るべきだと感じました―――――

次回は「具体的な政策・支援はどうなるの…?A」についてお送りいたします。明日更新予定です。。。

一言でもいいのでコメントなどくださると、励みになりますので、ぜひよろしくお願いします笑

相澤 玲央
タグ:
posted by カワダン at 12:05| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

アルコール健康障害対策基本法(2)―――アルコール健康障害とは?

 こんにちは。高津支部の相澤です。
総会に参加された方、お疲れ様でした。

 前回に引き続き推進の集いに向けた記事を投稿させていただきたいと思います。当初予定していた3回構成を→5回構成に変更して投稿させていただきたいと思います。
前回の(1)が長い!むずかしい!と若干不評だったので、今回はより簡潔でわかりやすい記事になるように心がけます。。。

【第2回】 アルコール健康障害とは?

 今回の法律の目的が、「アルコール健康障害をで苦しむ人たちを助けること」であることはもちろんわかっているのですが、では、この法律でいう「アルコール健康障害」とはどのようなこと・人を指すのでしょうか??

まず、本法の第2条を見てみると、

(定義)
第二条 この法律において「アルコール健康障害」とは、アルコール依存症その他の多量の飲酒、未成年者の飲酒、妊婦の飲酒等の不適切な飲酒の影響による心身の健康障害をいう。


非常に簡潔に書かれている一方で、どことなくはっきりしないような気もします…
ひとつひとつ確認してみると

@アルコール依存症(による心身の健康障害)
これはまさしく私たちのような酒害者が該当すると思います。長期にわたる大量の飲酒で心身に障害が出てしまった依存症者のことで、入院や通院を経て断酒会・AA・施設などにつながった方々全員を指すとして問題ないでしょう。

A多量の飲酒(による心身の健康障害)
あまりピンと来ませんが、おそらく一番最初に思い浮かぶのは「一気飲み・一気飲ませ」によって急性アルコール中毒で命を落としたり治療を受けたり障害が残ってしまった方々です。アルハラなどによる健康障害もここに含まれるでしょう。

B未成年者・妊婦の飲酒(による心身の健康障害)
飲酒が心身に悪影響を及ぼしやすい未成年者・妊婦等が健康障害を引き起こした場合のことだと思います。

 といった感じでしょうか。具体的な疾患や症状はここでは割愛させていただきますが、なるほど、私たち断酒会員のような「依存症者」だけでなく、アルコールが原因で健康障害を被った人全般を助ける法律だったのです。

 ここで、アルコールでの健康障害・社会問題を防止したりその本人や家族を支援したりするさまざまな団体やプロジェクトのHPをいくつかご紹介せていただきますので、ぜひご覧ください。

・【アルコール依存症治療ナビ】http://alcoholic-navi.jp/
・【イッキ飲み防止連絡協議会】http://www.ask.or.jp/ikkialhara.html
・【ビール酒造組合 「STOP!未成年者飲酒」プロジェクト】http://www.stop-underagedrinking.com/prohibition/
・【SDD(飲酒運転撲滅)プロジェクト】http://fmosaka.net/sdd/

では、その家族はどうなのでしょうか?

(相談支援等)
第二十条 国及び地方公共団体は、アルコール健康障害を有し、又は有していた者及びその家族に対する相談支援等を推進するために必要な施策を講ずるものとする。


 とありますので、健康障害を被った本人と同じレベルでの支援・保護は受けられないかもしれませんが、この法律に家族の支援も含まれていると考えていいと思います。

 今回の法律は、

アルコールで健康障害を引き起こした人すべてとその家族(支援者)を包括的に援助する

ものであると言えます。また、同時に

アルコール健康障害を抱えるすべての人たちが団結して国や自治体を動かす

 ことが必要になってくるともいえます。各自助会や団体が、お互い牽制しあうことなく、尊重し合って基本法の推進に努めることが強く望まれます―――

長文失礼しました。今回は書いている自分でもあやふやなところが多かったので、ご意見・ご指摘などお待ちしております。
次回は(3)具体的な政策・支援はどうなるの…?
次々回は(4)基本法を運用・推進するためには…?
と順にお送りしたいと思います!では、失礼いたします。。。

相澤 玲央
posted by カワダン at 15:47| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

アルコール健康障害対策基本法(1)―――基本法ってなんだ??

 こんにちは。高津支部の相澤です。
 五月も中旬に入り、ますます心地よい陽気が感じられる今日この頃です。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 少し間が空いてしまいましたが、25日の推進の集いin東京の前に、少し記事を投稿させていただきたいと思います。

 みなさんご存知の通り、昨年の12月に「アルコール健康障害対策基本法」が参議院で可決されました。各団体、議員連盟など多くの方々の尽力があったから、この法律が実現したのだと思います。この場を借りて心より感謝申し上げます。

 一口で語るにはあまりにもそのバックボーンや理念が崇高すぎて、私なんかが記事を書いていいのだろうか…とも思いましたが、率直な印象として「アルコール健康障害対策基本法ってどんな法律なんだろう?」という疑問を感じましたので、自分なりに調べて噛み砕いたことを少し書かせていただきます。。。全3回に分けて、24日までに随時投稿させていただきたいと思います。。。

【第1回】 基本法ってなんだ?

 今回の法律、アルコール健康障害対策基本法(以下アル法)は、日本でも数少ない「基本法」であるという話を聞いたことがあります。毎年たくさんの法律が制定されているなかで、ある種異色ともいえる基本法が成立したということで、酒害者やその家族以外からも多くの関心が寄せられているようです。
ここで私は、「基本法ってなんだろう?」「どれくらい珍しいの?」という疑問を抱きました。

 そこでなにも考えずにとりあえず辞書で“基本法”という単語を引いてみると、

@その分野の国家政策や行政の基本を定める法律 A憲法の意” 広辞苑第五版より

とあります。なるほど、Aは狭義の解釈だからまあいいとして、@に基づくと、今回の法律は「アルコール健康障害に対策するための国家政策や行政の基本を定めた法律」であることがわかりました。

 同時に、現在の日本にどれくらいの基本法が存在するのかを調べてみると2014年4月現在で、42件。憲法を入れた日本の法律の総数は1815件(数え方には諸説ありますが、とりあえず)なので、なんと

42/1815=2.3%

の割合しか占めていないのです。これは確かに珍しい!これほど珍しい法律が、ピンポイントで「アルコールの問題」を扱っているという事実に驚きました。そしてこの法律の制定に尽力した方の努力のほどがひとしお窺えました。。。ただただ頭が下がります。。。

では、実際の法律の第一条の条文を見てみると、

この法律は、(中略)アルコール健康障害対策に関し、基本理念を定め、及び国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、(中略)アルコール健康障害対策を総合的かつ計画的に推進して、(中略)国民の健康を保護するとともに、安心して暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的とする。” http://alhonet.jp/law.html

とあります。
 ――――? あれ??一つ気になりました。この条文の有効の対象はあくまで「アルコール健康障害対策」であって「アルコール健康障害」そのものじゃないぞ。

 つまりどういうことか?
 
 もう少しわかりやすく言うと、この法律は直接的に「酒害者やその家族(対策を講じられる者)」を保護・支援しているものではなく「国や地方自治体(対策を講じる者)」への根拠を示し、動機づけをしているに過ぎないということです。
 
 これは、この法律は「間接的に酒害者(健康障害)を保護・支援するが、その具体的な内容は示していない」ということなのです。
 
 具体的な保護・支援……これはいろいろ頭に思い浮かびます。断酒会に限って言えば、会場費、印刷物などの配布に伴う経費、などけっこういろいろとお金がかかっていると思います。これらが補助金で一部まかなわれたら、非常にありがたいと思う方は少なくないと思います。
 依存症者に対する差別をなくし、ノーマライゼーションを促進するために行政が動いてくれる。これは立派な保護の一つだと思います。しかしこれらは、この法律が存在しているだけで達成が約束されるわけではないのです!

 あくまで事実だけを見て、私が思ったことですが、この法律は

今後いかに私たちが国や行政を動かし、具体的な支援や保護の内容を決めさせるか

が重要なのだと思いました。
 今回の基本法の制定で、私たち酒害者やその家族が、国や行政に対して支援や保護を要求する根拠を得たと言えます。言い方を悪くすれば、アル法を武器に行政に対して食い下がる権利を得たと言えます。

「法律に魂を入れなくてはならない」


 と、ある方が例会でおっしゃっていました。まさにその通りだと思います。この法律を生かすも殺すも、まさに今酒害に苦しむ私たちに懸かっているのでしょう――――


次は第2回「アルコール健康障害とはなにか?」について投稿させていただきたいと思います!

 知識が浅はかで、間違いも多いことと思います。ご指摘などありましたら、コメントしていただけると幸いです。。。あ、今日は幸例会ですね。。。行きます。。。

長文失礼いたしました!

相澤 玲央
posted by カワダン at 12:03| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする