2015年10月04日

赤い羽根

10月4日(日)宮前区社会福祉協議会の赤い羽根共同募金に協力し、宮崎台駅前で募金活動を行いました。
私は2回目。昨年は本間さん、藤谷さんと3人で行いましたが、今年は笠原さん、原田さん、相澤さんが参加していただき6人で行いました。

募金していただける方は様々ですが、小さいお子さんをお連れの家族や小学生くらいの子達が多かったかなあ。募金したい気持ちはあっても、大人になると少し恥ずかしい気持ちってありますよね。

私もそうですが100円じゃ恰好悪いし、すべての募金に協力できないし、きりがないから・・・とかで見て見ぬふりをすることが多かったです。昨年募金をお願いする立場を経験してから、初めて見かける募金には、よっぽど「?」でない限り、金額にはこだわらずエールを送る軽い感じで募金できるようになりました。

今日も募金がいくら集まったかではなくて、募金してくれた人たちに素直に感謝&2時間いい汗をかけたってことでいい一日でした。

本間さん たこ焼きごちそうさまでした。
藤谷さん 一昨年まで一人でやっていたなんてすごいですね。今年は駅まで歩いてこられてびっくり。
笠原さん これから仕事というところなのに手伝ってもらってありがとうございます。
原田さん ご不幸があったばかりなのに協力いただきましてありがとうございます。
相澤さん 宮前支部の活動なのに駆けつけていただきありがとうございます。

断酒会の仲間は一生もんだと感じました。(カブラギ)
posted by カワダン at 20:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

矢崎断酒のつどい結成25周年記念講演会

矢崎断酒のつどいのみなさん結成25周年おめでとうございます。
これを記念して9月13日(日)綾瀬市役所で講演会が行われました。
講師はみくるべ病院の 岡崎有恒 先生 テーマは「依存症から回復するとはどういうことか」です。

【講演内容】
生きていくのに必要な絶対的欲求が脅かされることが、今の日本ではなかなか無い。
しかし、人間は欲求の塊そのものであるので、生きていくのには必要の無い欲求までも求めつくりだす。
その新しい欲求は、本来の本能的欲求を凌駕し、脳の中を支配する。
食うよりも 眠るよりも ただただ酒のみを追い求める。
自分では、目先の快楽程度と思っていたものが、いつしかそれとの闘いは「異常になってしまった本能」と「それじゃいけないよという理性」との闘いになる。
だから断酒は大変なことです。本能と闘っているのですから。

自助グループの不思議
自分が回復するのと同時に、自然と他者を支援している「お互いさま」
どういう立場でも、常に対等な関係、心の中にずかずか入ってこない「安心」
社会組織でこの形はめずらしい

回復するには
回復は「人&物」では実現しない。
喜びも悲しみも人と人との間で起こること。「人&人」の中で回復すると思う。

以上 軽快なトークで説明していただきました。
ありがとうございました。(カブラギ)
posted by カワダン at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

牟田さんライヴ 9月

アルコールの置いていない店での、牟田さんのライヴ9月スケジュールです。

武蔵中原「Coffee Spot Lifehttp://www2.tba.t-com.ne.jp/cslife/

9月12日(土)8時から 9時から の2回
9月18日(金)8時から 9時から の2回(GUITARはSATOさんではないようです。)

ワンドリンクチャージ 1,500円

自家製ケーキもおいしいよ。秋の夜長を楽しみましょう。

詳しくは 熊site = http://naks.biz/kuma/ をご確認ください。(カブラギ)
posted by カワダン at 08:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

パトリス家族教室 放送延期!

8月31日に予定されていた「パトリス家族教室の様子」の放送ですが、
別の内容の報道が緊急に入ったため、延期になるそうです。

放送日時が決まり次第、お知らせいたしますのでご了承ください。
楽しみにしていた方々にお詫び申し上げます。(カブラギ)
posted by カワダン at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

福岡県のホンキ 

福岡県で全国初の罰則付き飲酒運転撲滅条例が施行されてまる3年。
9月21日条例改正により、よりふみ込んだ内容になります。
25273.jpg

•飲酒運転で検挙された場合
 今まで  : アルコール依存症の受診に努めなければならない。
 これから : アルコール依存症に関する診察、または飲酒行動に関する指導を受けなければならない。
(罰則は無いようですが「努力義務」から具体的な「義務」へ変更された。)

5年以内に再度検挙された場合
 今まで  : アルコール依存症の受診義務 
・・・受診しない場合、5万円以下の過料
 これから : アルコール依存症の受診命令 
・・・従わない場合、5万円以下の過料

 今まで 「受診するよう告知」→「拒否」→「受診命令」→「拒否すれば処分」
 これから 「いきなり受診命令」→ 「拒否すれば処分」ということでしょうか。

条例改正に先立ち、7月30日、飲酒運転を2度繰り返したため、アルコール依存症の有無の診断をするよう告げ、さらに今年になって受診命令を行ったが受診しなかったとして、40代女性に過料5万円の支払いを命じています。これが条例施行後初の処分でした。

福岡といえば、9年前、中道大橋で飲酒運転により3人の幼い命が奪われました。
その後も飲酒運転は減らず、平成22年は、福岡県が飲酒運転事故件数全国ワースト1位に。
福岡市では、公務員の飲酒による不祥事があいつぎ市長が「禁酒命令」を出したほど、酒とのかかわりあいの深い街です。

この条例の前文では「アルコール依存症が疑われる者には、啓発は効を奏しない。予防が重要」とうたわれています。

自分が感じるところ、役所って条例上罰則規定があってもほとんど適用しないよなあ。
それに「喫煙したら罰とか自転車放置したら罰」とか単純な罰が多い中、事が起こる前に問題の根本にふみこんだ罰則をもうけたのがすばらしい。
福岡県、本気モードです。
(カブラギ)
posted by カワダン at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする